国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」

【大使館でお茶を】join us for tea at the embassy 第4回アゼルバイジャン


2015年最後の「大使館でお茶を」がアゼルバイジャン大使館にて開催されました。今回で4回目になります。
アゼルバイジャンの国名は、アゼル(火)とバイジャン(ランド)で火の国という意味。天然ガスや石油がとれ資源が豊富な国です。
今回も大使館の方やそのご家族が沢山のお菓子、軽食を作ってくださいました。温かいおもてなしに感動しました。

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャン大使のプレゼン
アゼルバイジャン大使のお国プレゼン。
国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」特命全権大使ギュルセル· イスマイルザーデ氏
特命全権大使ギュルセル· イスマイルザーデ氏。とても日本語のプレゼンがお上手です。
国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャンの料理やお菓子。
アゼルバイジャンの料理やお菓子。

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャンのお菓子やプリザーブ。
アゼルバイジャンのお菓子やプリザーブ。

アゼルバイジャンの料理もお菓子もとても手の込んだものが多い印象です。現在では女性の社会進出が進んでいるそうですが、昔は家で主婦をしている女性が多く、手の込んだものが多かったとのこと。

当日の軽食とお菓子をご紹介します。

・お菓子 シェケルブラshekerbura
・お菓子 パクラヴァpakhlava
・マルメロのプリザーブquince preserves
・カラバグ ケテシKarabakh style kete
・軽食 アトリビョレク
・軽食 イスパパグリビョレク
・アグギラスムラッビャシ 

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」シェケルブラshekerbura はノールーズに欠かせないお菓子。
シェケルブラshekerbura はノールーズ(新年)に欠かせないお菓子。
一つ一つピンセット状のmaggashで模様をつけていきます。

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャンの菓子パクラバ。
アゼルバイジャンの菓子パクラバ。
中東ではお馴染みのお菓子です。アゼルバイジャン風パクラバです。

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」
アゼルバイジャン料理 カラバフ キャチャシ(カラバグ ケテシ)
 

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャン料理アトリビョレク
アゼルバイジャン料理アトリビョレク
 

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャン料理イスパパグリビョレク
アゼルバイジャン料理イスパパグリビョレク
アトリビョレクもイスパパグリビョレクもパイのような軽食。美味しいです。

どれもこれも一つ一つ丁寧に作って頂きました!

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」サモワール
紅茶を淹れるための道具サモワール

アゼルバイジャンは旧ソ連の影響もあり、紅茶をよく飲む国です。「サモワール」という墨で湯を沸かし紅茶を淹れる道具を実際に使い、紅茶を淹れて頂きました。初めて見ました。皆さん興味津々で写真を撮ります。

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」サモワールでアゼルバイジャンの紅茶を。
サモワールでアゼルバイジャンの紅茶を。
国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」アゼルバイジャンの紅茶の飲み方を伺う。
アゼルバイジャンの紅茶の飲み方を伺う。

後日アゼルバイジャン大使館からお茶会の感想をいただきました。
————————————————————————————–
“Tea Party at the Embassy of the Republic of Azerbaijan to Japan”
The Embassy of the Republic of Azerbaijan to Japan would like to take this opportunity to express its gratitude to the members of the International Artists Center (IAC) and especially to Ms. Terumi Kanaya, Director-General of IAC for their continuous support and interest in further developing people-to-people contacts between various countries and Japan.
Recently held “Tea Party at the Embassy of the Republic of Azerbaijan to Japan” co-organized by the Embassy and the IAC created an excellent opportunity for Japanese people to know more about Azerbaijan, its culture and traditions, nature and people, as well as uniqueness and tolerance. It was also a good chance to present the culture of tea ceremony in Azerbaijan as well as its delicious sweets, such as pakhlava, shekerbura, Karabakh style keta and others.
Azerbaijan is a secular country with a predominantly Muslim population that enjoys a centuries-long tradition of peaceful co-existence between a number of religions, cultures and ethnic minorities.
Our country’s natural beauty, exquisite cuisine and hospitable people have created favourable conditions to attract tourists. Climate and terrain diversity, mountains, rivers and warm sea, as well as mud volcanoes, hot springs and crude oil treatments are just few attractions to mention. Besides being the first Democratic Republic in the Islamic World, Azerbaijan is home to the Oily Rocks – unique city in the open sea, the Flame Towers and the Heydar Aliyev Cultural Centre by Zaha Hadid.
Azerbaijan has more mud volcanoes than any other country on Earth, and the biggest of these has entered into the Guinness Book of Records.
We express our sincere gratitude to all of the participants of the event and hope it aspire them to learn more about our country and to visit Azerbaijan soon.
We would like to convey our sincere wishes to the members and readers of IAC for their continued good health and happiness! Happy holidays!
アゼルバイジャン共和国大使館は、国際芸術家センター(IAC)の会員の皆様と金屋輝美理事長が続けてこられた各国と日本の人的交流促進への支援と関わりに対して、ここに感謝の意を表します。
先日、当大使館とIACの共催で行われた「アゼルバイジャン大使館でお茶を」は、日本の皆様に我が国の特色と寛容さを知っていただき、私たちの文化・伝統・自然・国民に対する理解を深めていただく最良の機会になりました。お茶会では皆様にアゼルバイジャンの文化であるお茶の入れ方を見ていただき、我が国のおいしいお菓子――パクラヴァ、シェケルブラ、カラバグ ケテシなどを食べていただくこともできました。
アゼルバイジャンはイスラム教徒が多数を占める世俗国家であり、多くの宗教・文化と少数民族が数世紀にわたり平和的に共存しています。
我が国の美しい自然、おいしい料理、おもてなし精神あふれる国民は、多くの旅行者を引き付けています。アゼルバイジャンには、多様な気候と地形、多くの山と川、温暖な海や泥火山、温泉、石油精製施設など、魅力あふれる観光スポットが数多く存在します。また、イスラム世界で最初の民主的共和国である我が国には、海上油田やユニークな公海上都市もあります。建築では「フレームタワーズ」やザハ・ハディド氏が設計した「ヘイダル・アリエフ・センター」などを見ることもできます。
アゼルバイジャンは世界で最も多く泥火山がある国です。最大の泥火山は「ギネス世界記録」にも登録されています。
私たちは今回のお茶会に参加してくださった皆様に心から感謝すると共に、これを機に皆様が我が国についての理解を深め、アゼルバイジャンを訪問してくださることを期待しております。
 IACの会員の皆様、そして読者の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。よい休日をお過ごしください。
(日本語訳:山崎陽子(IAC会員))
————————————————————————————–
心のこもったおもてなしを本当にありがとうございました!

国際芸儒家センター「大使館でお茶を第4回アゼルバイジャン大使館」皆で記念撮影。
皆で記念撮影。

とても楽しく有意義な時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です