大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byInternational artists

「大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館」参加者からの感想


楽器や踊りについて熱心に質問されていたIAC会員の渡辺えり代さんから、感想を頂きました。
アフリカの踊りや音楽を体験する企画もぜひ実現したいと思います。

——————————————————————————-
「第16回大使館でお茶を」はブルキナファソ大使館で開催されました。会場からは満開の桜を愛でることができて、心地良い春を満喫。
アミナトウ・ウビダ大使夫人によるスライドを使ったプレゼンテーションは新しい発見が多く、興味深いお話ばかり。

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
アミナトウさんのプレゼンテーションを熱心に聞き入る。

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
ブルキナファソの国旗

ブルキナファソは正直で高潔な人々の国という意味で、国旗の赤色は革命の戦いで流された血を、緑色は人口の80%が従事する農業を、黄色は輝く国を象徴するそうです。

納豆に似た調味料スンバラ、国民食であるトー、バオバブのジュースなど今まで聞いたことのない珍しい食べ物のお話は、多くの女性の関心を集めていました。
アフリカの音楽とダンスが大好きな私は、バラフォンという楽器の木が神様からいただいたもので、その音に精霊が宿り、音楽は神様の言葉を伝えるためにあるというお話に魂が揺さぶられました。  
(IAC会員 渡辺えり代さん)

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
バオバブジュースとビサップジュース。ビサップはハイビスカスのジュースです。(International Artists Center)

感想をありがとうございました!またのご参加をお待ちしています。

写真撮影/神宮智咲(写真家・IAC国際芸術家センター会員)