カテゴリー別アーカイブ: 大使と共に学ぶ茶事と懐石

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」高森先生よりお道具の話


3月20日(月祝)に行われたリトアニア大使夫人をお招きしての茶席で亭主を務められた高森梨津子先生より、当日のお道具についてお話をいただきました。

お道具の一つ一つに意味や歴史があり、それを知っているうえで、季節に合わせ客人に合わせチョイスするというのは、また何という奥深い高等テクニックでしょうか。
下世話な言い方をしてしまい申し訳ないですが、お茶席についての知識がほぼない私ですので、ある意味外国人目線と同じような新鮮な感動を覚えます。

ひとえにすべてはお客様を心からお迎えするという事につながっているのだなと感じます。
お茶席は、お客様をお迎えする総合芸術なのですね!
高森先生ありがとうございました。

———————————————————————————————-
掛物は、「福寿海無量(ふくじゅかいむりょう)」。
『観音経』の中にある一句です。観世音菩薩の功徳は「福を聚めた大きな海のように深く無量にある」という意味の言葉です。
Hanging scroll is written as 福寿海無量 in Japanese.
It is the phrase written in Kannon Sutra and its meaning is that the charity of Bodhisattva (Kwannon)
is like the great ocean filled with immense fortune.

ただお目出度いというだけではなく、深い意味も含めて 今日 大使夫人を迎え、皆で集まることの出来た喜びの想いをこの掛物に込めました。
It is not only superficial fortune but also, I expressed by hanging this scroll, it is a great pleasure to welcome Ambassador’s wife together with IAC members today.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
掛物「福寿海無量(ふくじゅかいむりょう)」

当日は「お彼岸」の最中でしたので、お花を「彼岸桜」にしました。染井吉野より、ひと足早く咲く桜に これから迎える春の華やかさを感じてもらいたいと思い選びました。
As today is one of equinoctial days and the pronunciation of equinoctial days is the same as the pronunciation of flower, therefore, I selected Cherry blossoms called 「彼岸桜」which blooms
earlier than cherry blossoms called 染井吉野 wishing that our guests feel the flashiness of Spring.

京都の青竹が手に入りました。「青竹」の青さは、一度きりなのでどの器よりご馳走を表せると云います。
庭に咲いた「貝母(バイモ)」という可憐な草花を添えて生けました。
I could get the fresh bamboo from Kyoto. Freshness of bamboo is only one time and does not last long, so in the tea world by using such fresh bamboo which can be used once in a life time, is the way of expressing host’s hospitality.
I placed the lovely Frittilary flower「貝母(バイモ) in the vase which was picked up from my garden.

『茶花は野にあるように かろがろ と生けよ』と利休の言葉が残っています。
茶花は、その地方の季節の旬の花を生けて、お客様を迎えます。
Our Grand Tea Master Sen Rikyu taught us that flowers should be placed as if they are still growing in the field.
Tea flower is placed in the vase considering the coordination with the season in the area to welcome the guests.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
彼岸桜、貝母(バイモ)を京都の青竹に入れて

お菓子は「松風(まつかぜ)」。京都の老舗菓子屋「亀屋陸奥」。このお菓子は、信長と石山本願寺の11年続いた合戦のさなかに 兵糧として考案されたという いにしえの菓子です。
Thin tea sweets are named as Pine Wind 「松風(まつかぜ)」which is manufactured by an old shop in Kyoto called Kameya-Mutsu「亀屋陸奥」. The origin of the sweets was founded as one of food supply eaten at the war-site at where Feudal Lord Nobunaga and Ishiyama Honganji Temple battled with for 11 years.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
和菓子「松風(まつかぜ)」

お点前の道具も「旅箪笥」という 棚を使いました。
今の時代では、まるで春の麗らかな野点を連想させますが、実はこの棚は 秀吉が小田原征伐の折、利休に命じて考案させたものなのです。
この棚に、水指や茶器、柄杓、蓋置など、お茶を点てるのに必要な道具を全て収納して 担いで運べるように工夫されています。
The tea utensil stand is called 「旅箪笥」which direct translation is the traveling cabinet.
As you see the tea utensil stand, you may imagine the scenery as if we enjoy the tea in the field. The origin of this tea utensil was founded by our Grand Tea Master Sen Rikyu by the order of Feudal Lord Hideyoshi when he accompanied Feudal Lord Hideyoshi at the time of Odawara Campaign to enjoy the tea even in the battle field. All needed tea utensils such as fresh water container, tea container, ladle, lid rest can be put and kept inside of it and carried on the shoulder to the battle field.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
奥に見えているのが旅箪笥

今の時代では 嫁入り前の習い物と思われがちな「茶道や華道」ですが、実は 室町時代に男性が命がけで培ってきた日本の美意識の集大成 ということを 少しでも伝えられたら、と思い 室礼を考えました。
Nowadays the way of tea and the way of flower are considered as the lessons for young women to become a bride but in the Muromachi period they were the compilation of Japanese aesthetic sense which had been accomplished with the desperate effort by men. Having considered those things, I arranged those tea utensils to express and inform these spirits.

こうした集まりで、「四季折々を楽しめる日本の素晴らしさ」を、体感していただけたら幸せに思います。
I am very pleased if all participants can experience the wonderfulness of enjoying the seasonal changes by themselves by attending this tea gathering.

この日はわたしも 皆様と 歴史ある建物のなかで 心豊かな時間を過ごすことが出来ました。
こうした会を是非続けて頂きたいと思います。
I, myself enjoyed the gorgeous and fruitful time with you in the historical residence where Japanese Feudal Lord lived in the old days.

私も自分の感じる「日本新発見」をブログへ書きたいと思います。良かったら覗いてください。そして、体験しにいらしてください。
I also would like to write new discovery of Japan in my Blog that I felt today. Please get in contact with my Blog and experience it by yourself.
renshin.me

ありがとうございました。
Thank you very much.

高森 梨津子
Ritsuko Takamori

英訳 小笠原寿子(translated by Hisako Ogasawara, IAC)

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」


“Learning Chaji (tea ceremony) and Kaiseki (tea lunch) with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lithuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park”

真冬の寒さが続いたあとに、急に汗ばむようなお天気となった3月20日(祝月)、リトアニア大使夫人を招いての茶事と懐石のイベントが駒場前田邸にて開催されました。前回はグァテマラ大使館でのお茶会の返礼として大使夫妻を招き、日本の文化に関心の高いお二人にはとても喜んでいただけ様子でした。
After days of midwinter coldness, it suddenly became very warm on Monday, March 20th, when we invited the spouse of the Aambassador of the Republic of Lithuania to the chaji and kaiseki event we held at the Japanese-style house of Marquis Maeda in Komaba Park.
Previously, we invited the Ambassador of Guatemala and her husband to chaji and kaiseki event in return for the tea party at their embassy. Since both of them have a great interest in Japanese culture, they enjoyed it very much.

今回お招きしたリトアニア大使夫人ガリナ・メイルーニエネ(Mrs.Galina MeilunieneSpouse of the Ambassadorof the Republic of Lithuania)さんも、大変日本の文化に興味をお持ちで、自ら興味のあるところに取材に行かれたりするほど。本の執筆も考えていらっしゃるそうです。
Mrs.Galina Meiluniene, the spouse of the Ambassador of the Republic of Lithuania, also has such a great interest in Japanese culture that she even visits places she has passion for and interviews the people there. She is planning to write a book about Japanese culture.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
駒場前田邸迎賓館 The Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

リトアニア大使夫人共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
和館から庭を望んで Looking at the garden from the Japanese-style house

茶事が行われたのはこちら駒場前田邸の和室です。この建物は、昭和5年に前田家当主が海外の賓客をもてなすために建てられた日本建築の迎賓館で、国の重要文化財に指定されています。
The chaji was held at this Japanese style room at the Former Marquis Maeda Residence. This Japanese-style guesthouse was built in 1930 to primarily entertain foreign guests. It is now designated as a nationalimportant cultural property.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
大使夫人、お客様の到着を待ちます。 Waiting for the spouse of the Ambassador and guests.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
高森先生の素敵な割烹着姿。Professor Takamori looks beautiful in her cooking coat.

茶席の時だけでなく、準備の段階から所作が美しい先生とお弟子さんに感動してしまいました。
Not only at the chaji but also during the preparation time, Professor Takamori and her pupils moved in an incredibly beautiful manner.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park
「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
にこやかに自己紹介を聞くガリナさん。日本語は話すのも聞くのもOKです。With a big smile, Mrs. Galina Meiluniene listens to people introducing themselves. She can speak and understand Japanese very well.

大使夫人のガリナさんや今日の参加者の方々も揃い、イベントがスタートしました。
高森先生、IACよりあいさつをし、その後はガリナさんをはじめ、皆さまに自己紹介を頂きました。
終始穏やかな雰囲気で、参加者の皆さんの緊張も少しずつほぐれていきます。こういう時間を共有すると気持ちもなごみます。
Soon after Mrs.Galina Meiluniene and other guests arrived, the event started. After Professor Takamori and IAC representatives gave their opening remarks, we asked all of the guests to introduce themselves. The tranquil environment made everyone relaxed. Sharing such a relaxing time brought us heart-warming feelings.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

福寿海無量の掛物と桜
福寿海無量の掛物と桜 Kakejiku (a hanging scroll) with cherry blossoms
Calligraphy; Fukujyu-Kaimuryo (ocean full of happiness and prosperity)

高森先生から茶事についてのレクチャーや今日のお道具についてご説明を受けます。上の写真は今日のお道具、旅箪笥「利休好み」のお話を頂いているところ。
そして本日の掛物は円覚寺慈雲一行による「福寿海無量」。お花は桜です。
茶花はふつうはもう少し地味なのですが、今日はあえて少し華やかにして頂いたということ。とても綺麗です。
Profesor Takamori gave us a lecture about chaji and tea utensils. Above is a photo of the guests learning about the tea utensil stand, “Rikyu style”. The calligraphy of the Kakejiku, “Fukujyu-Kaimuryo” was written by Jiun of Enkakuji-temple. The flower of the day was cherry blossoms. Flower arrangement for tea ceremonies tends to be plain but on this day, cherry blossoms were chosen intentionally to draw attention to the flowers. How beautiful!

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

茶席が始まりました。今日の和菓子は松風でした。何も知らないままで茶席に参加すると不安ですが、事前にしっかりレクチャーを受けているので大丈夫。皆さんそつなくこなしていきました。
Chaji started and a Japanese traditional confectionary called Matsukaze was served. Participating in chaji without having any knowledge about it would have made us very nervous. However, thanks to the lecture in advance, everyone enjoyed it without any flaws.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
京料理はな菊の三段弁当 Three layered bento prepared by Kyo-ryouri “Hanagiku”

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
ガリナさんも皆さんも嬉しそうです。Mrs. Galina Meiluniene and guests look very happy.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

茶席のあとは懐石弁当をいただきました。本来、正式の茶事においては茶席の前に料理を提供するのですが、今回はお勉強しながらという事で、茶席の後に寛いでお料理を頂きました。
お食事は京料理はな菊さんの野点弁当をいただきました。三段なのが嬉しい!彩りも美しく味も美味しく好評でした。
食事の後は大使夫人と共にしばし歓談を楽しみました。この後散会し、お時間のある方はゆっくり駒場和邸を見学しました。
After chaji, we had kaiseki-bento. Formally, a meal would be served prior to chaji. However, this time, chaji was held in a lecture form, so we ate afterwards in a relaxed mood. A store called Kyo-ryouri (Kyoto style cuisine) Hanagiku prepared the three layered bento. Three layers! How great! It was not only beautiful looking but also delicious and everyone liked it. After the meal, we enjoyed talking with Mrs.Galina Meiluniene. Some people even stayed after the party and looked around the house.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館 “Learning chaji and Kaiseki with the spouse of the Ambassador of the Republic of Lethuania at the Former Marquis Maeda Residence in Komaba Park

春めく3月の一日、緑に囲まれた美しい和邸で大使夫人共に経験した茶席は素晴らしいものでした。
ガリナさん、わざわざ足を運んでいただきありがとうございました。
高森先生もお疲れ様でした。またよろしくお願い致します。
It was a wonderful chaji and kaiseki event on a spring-like day in March at a beautiful Japanese house surrounded by greens. Mrs. Galina Meiluniene, we appreciate your joining us today. Professor Takamori, thank you very much for the beautiful ceremony. We hope to visit you here again.

主催:IAC国際芸術家センター
協力:高森梨津子(表千家茶道教授、華道家元 池坊教授)
http://renshin.me/
Hosted by IAC (International Artist Center)
Instructed by Professor Ritsuko Takamori (Omotesenke, the head family of Ikenobo)

文 高田桃子(written by Momoko Takata,IAC)
英訳 磯﨑久子(translated by Hisako Isozaki, IAC)

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
香合 都とり 今戸 Kogo (incense container) Miyakodori (Haematopus ostralegus) Imadoyaki

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」


今回の催しは、交流を続けている大使とともに日本の伝統的なティーセレモニー茶席(茶会)を体験するというもの。「大使館でお茶を」の姉妹企画ともいえる新企画イベントです。

第一回は9月に「大使館でお茶を」でお世話になったグァテマラ大使館のアンヘラ・マリア・チャベス・ビエティ大使とフォトグラファーのご夫君をご招待して開催しました。
グァテマラ大使は日本文化にとても関心を持っており、休日はご主人とともに街歩きを楽しんでいらっしゃるそうです。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

雨が毎日のように降り続いていたこの時期でしたが、10月2日当日は朝から快晴!10月に似合わない汗ばむ陽気となりました。
この旧前田家迎賓館は駒場公園内にあり、重要文化財にも指定されている素晴らしい建物です。
建てられたのは昭和8年、当時外交官となっていた前田家当主が外国のお客様を招くために当時の粋を集めて建てられた和邸。
庭には緑を背景に池があり前田家独特の雪見灯籠も点在、縁側に座っているとゆったりとした時間が流れています。
ここが東京ということを思わず忘れてしまう空間です。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

まずはIAC国際芸術家センターからご挨拶、そして参加者の方々の紹介、グァテマラ大使夫妻からのご挨拶に続き、お茶会亭主を務めてくださった高森梨津子先生から茶事についてのミニレクチャーがありました。
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
高森梨津子先生より茶事についてレクチャーいただきました。知識が深くとても分かりやすいです。思わず身を乗り出して聞きました。その後はお茶会です。

私は恥ずかしながら茶事の事はほとんど知りません。当日色々学ぶつもりで参加させて頂きました。今日のような多数の客を一同に集めて行われるものを「茶会」と呼ぶそうです。「茶席」とは分けて考えるんですね。(違っていたらごめんなさい!)

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

お茶の頂き方も高森先生よりレクチャーしてもらいました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
グァテマラ大使夫妻も熱心に取り組んでくださいます。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

こちらの和菓子は小男鹿(さおしか)。小豆の粒が斑点となって鹿の子の姿をイメージしているのだそう。
可愛らしいお菓子ですね!口当たりふんわり、甘さも控えめ食べやすいです。

お茶会が終わると昼食のお弁当です。お弁当は六本木の精進料理レストラン「宗胡」さんに作って頂きました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」宗胡精進弁当
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」宗胡精進弁当

お弁当の内容は、
菊華かぶ、トマトの蜜煮、あんず、なすの揚げ浸し、高野豆腐東寺巻(ゆばまき)、もってのほか(おひたし)、春雨巻、ゴボウの白線揚げ(葛をまとわせた)、精進カツ、和風シュウマイ(菊花風)、生粟麩煮、ハクレイ茸、グリーンアスパラ浸しシロズイキ(シロダツ)、四角豆、雷こんにゃく、ヤングコーン、豆腐旨煮青海苔、まいたけ天ぷらごはん、塩こぶ、全19品!
大変盛り沢山な内容な上に一つ一つとても手がかかっています。野菜料理はどうしてもあっさりしがちですが、精進料理の場合は油で揚げたり衣に工夫をしたりと充分満足感を味わえるようになっています。日本の誇る元祖ベジタリアン料理ですよね。食べていても新鮮な驚きがありとても楽しかったです。宗胡さん、ありがとうございました。

こんな素敵な空間でお茶席、そして精進懐石弁当が食べられるなんて幸せです。
精進料理シェフの吉田伸一氏からは精進料理についてミニレクチャーとお弁当の説明をしていただきました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

参加者同士お話しながら心身にたっぷりご馳走を頂きます。
軽々しく癒しという言葉を使いたくはないですが、これが癒しでなくてなんでしょう?

素敵な一日となりました。
お弁当の提供で協力頂いた東京クックの吉田伸一さん、後藤葉子さん(通訳も務めて頂きました。感謝です!)、素晴らしいレクチャーを頂いた高森梨津子先生ありがとうございました。
グァテマラ大使夫妻を始め参加者の方々にも喜んで頂けIACとしても嬉しい限りです。ご参加ありがとうございました。

この催しはこれから定期的に開催する予定です。開催の際はおしらせページで告知いたしますのでお楽しみにお待ちください!

主催:IAC国際芸術家センター
協力:宗胡(精進弁当提供)/ Tokyo Cook(外国人向け和食料理教室運営) 
http://tokyo-cook.com/
高森梨津子(表千家茶道教授、華道家元 池坊教授)
http://renshin.me/