カテゴリー別アーカイブ: ボツワナ

【大使館でお茶を】join us for tea at the embassy 第3回ボツワナ アンケート結果


先日のボツワナ大使館でのアンケート結果をお知らせします。

ご感想のアンケートまとめ

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ」
国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ」

◆本日の催しはいかがでしたか。ご自由にお書きください。
・素晴らしい会でした。次回も期待しています。
・わかりやすい説明となごやかな雰囲気で楽しかった。
・楽しかった。ボツワナについての理解が深まった。
・フランクな感じがよかった。大使館の方が一人ひとりにお茶を入れてくださったのがうれしかった。
・こじんまりとして説明もよく聞けて、楽しかった。ボツワナが身近に感じられるようになった。スライドの説明がとてもよかった。
・正直「ボツワナ」という国を知らなかったので、少しでも知りたくて参加しました。
パワポを使用した説明はすごくわかりやすかった。
・雰囲気が抜群、素晴らしい。
・大変楽しく、有意義な会だった。
大使館でお茶を第3回ボツワナ」
大使館でお茶を第3回ボツワナ」

◆ボツワナ国について
(訪れたいというコメントが多数ありました)
・ダンスの公演で少しなじみがありましたが、産業、自然については、今回のプレゼンで多くを学ぶことができました。国づくりの姿勢が素晴らしい。
・(お茶をいただくとき)男性と女性で座り方が違うのも興味深い。
・観光国として進んでいる。サービスも自然を最大限に生かしている。もっと知りたい。
・雄大な自然が美しい。行ってみたい。
・大使館の方の説明で見どころがよく分かった。
・一度行ってみたいが、遠い、もう少し便がよければ、是非、行きたい。
・自然が豊かな国、政党が複数で民主政治がなされたのが、発展の理由でしょう。ダイヤモンドが国力をアップさせたのでしょう。
・独立50周年を迎える若い国なのに、素晴らしい成長をしていて、好感が持てた。
・ダイヤモンドだけに頼らずに、観光にも力を入れ、国民のために、教育、医療の無償化など、内政もよい国と知り、もっとあらゆる国から注目されても良いと思った。
・自然と人々との共存の理想型があり、あこがれさえ感じた。
国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ」懇親タイム
国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ」食事を囲んで

◆お茶、お菓子、スナックについて
・とてもおいしくいただきました。余分な甘さがないので食べた後もすっきりしています。
Marula ジャムもおいしい。
・日本にも似た果物で作ったお菓子があり、親しみが持てた。
・一つの生地で2種類のメニューにするのが素晴らしい。素朴だけど、味わいがある。
・しょうがの飲み物もおいしかった。
・ボツワナのものがいただけて貴重な機会でした。
・ボツワナ独自のお茶もハーブティのようでおいしかった。
・大変日本に親しみやすく、特にジャムは日本で販売してほしい。
・おいしい。ボツワナのファンになった。
・ジンジャーの飲み物は特にお酒(焼酎)と一緒でも楽しめそう。
・すべてが自然の味で素晴らしいものでした。

会員によるブログ記事もあわせてどうぞ。
中路理恵子さんのブログ
高田桃子のブログ

参加者の皆さんありがとうございました。

【大使館でお茶を】join us for tea at the embassy 第3回ボツワナ


2015年10月24日(土)ボツワナ大使館にて「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」が開催されました。

1966年にイギリスから独立したボツワナ。独立後にダイヤモンド鉱脈が発見されたことや、計画的な国づくりを進めたことでいまはアフリカの優等生と呼ばれるほどの国になりました。近年人気のあるサファリツアーは、車に乗ってのサファリ、ウォーキングサファリ、カヌーサファリと色々楽しめ、動物の生態や行動を熟知しているガイドさんが案内してくれるそうです。またボツワナには工芸品も数多く、中でもボツワナバスケットと呼ばれる美しいカゴは目を引きます。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナバスケット
ボツワナバスケット。丸いフォルムが可愛い。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナバスケット
カゴの形や文様はそれぞれ違う一点もの。文様にはそれぞれ意味があります。
自然の素材を使い、丹念に手編みされた芸術品です。その伝統的なデザインや繊細な技法は世代を超えて受け継がれています。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」第一部お国プレゼン風景。
「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」第一部お国プレゼン風景
国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」スライドを見ながらボツワナのことを学びます。
「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」スライドを見ながらボツワナのことを学びます。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」サファリツアーのテント式ホテル
サファリツアーのテント式ホテル。
ボツワナのサファリツアーでは環境に配慮して大きな建物は建てないそう。撤収すれば元通りのサバンナに!素晴らしい。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナの食についてレクチャー。
「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナの食についてレクチャー。

お待ちかねの懇親タイムではボツワナの食事や飲み物について説明を受けました。

「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナの飲み物。
ボツワナの飲み物。
ジンジャーの粉にフルーツを加え微発酵させたボツワナ伝統的な飲み物だそうです。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」Marulaという果実のジャム。
Marulaという果実のジャム。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」Marulaのお菓子
Marulaのお菓子
日本のお茶にも合いそうな味です。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ファットケーキ(揚げパン)と同じ生地で焼かれたディパパタ(ボツワナ風マフィン)。
ファットケーキ(揚げパン)と同じ生地で焼かれたディパパタ(ボツワナ風マフィン)。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナのハーブティー。
ボツワナのハーブティー。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナのハーブティー。こちらも日本では見かけないハーブティーです。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」KARAHARI DEVIL'S CLAWというお茶。
国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」KARAHARI DEVIL’S CLAWというお茶。
植物の根との事でした。煎じて飲むのでしょうか。

お茶も食べ物も日本では口にしたことのないものばかり。特にハーブティーの種類が多いことに驚きました。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」懇談タイム。
輪になって懇談タイム。

国際芸術家センター「大使館でお茶を第3回ボツワナ大使館」ボツワナの伝統的衣装。
ボツワナの伝統的衣装。
皮で作られています。

独立後の国づくりの話や環境を大事にするサファリツアー、ち密でお洒落なボツワナバスケットなどからボツワナの方の真面目な気質が垣間見えました。丁寧なおもてなしに心から感謝いたします。参加者にも楽しんで頂けたと思います。大使館の皆さまありがとうございました!