NPO法人 国際芸術家センターInternational artists center website

【中止のお知らせ】啓蟄の候を外交官と共に「ジンバブエ大使夫妻と共に学ぶ茶道と懐石」

目白庭園赤鳥庵

イベント概要

【中止のお知らせ】啓蟄の候を外交官と共に「ジンバブエ大使夫妻と共に学ぶ茶道と懐石」

【中止のお知らせ】

啓蟄の候を外交官と共に「ジンバブエ大使夫妻と共に学ぶ茶道と懐石」 3月8日(日)の実施を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響で中止と致します。

楽しみにしていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますがご理解の程宜しくお願い致します。 ご参加予定の皆さまには別途メールをお送りしております。 万が一届いていないという方がいらっしゃいましたら、info@iactokyo.jpまでご連絡ください。

大使や外交官を招いてのお茶会は今後も企画して参ります。 その際はあらためまして告知させて頂きますのでよろしくお願い致します。

 

ジンバブエ大使夫妻

「大使館でお茶を第25回ジンバブエ共和国大使公邸」の際の大使ご夫妻

お茶会の際、大使夫人はとても温かい笑顔で迎えてくださり、大使はクイズを交えながら明るく交流の場を盛り上げてくださいました。そんな気さくで気取らない姿のお2人がとても印象に残っています。今度は私たちがおもてなしをする番ですね!

開催場所となる目白庭園赤鳥庵は、大正7年、子供のための文芸雑誌「赤い鳥」にちなんで建てられました。池の石垣の上に建てられた赤鳥庵は眺望がよく、部屋から美しい池と庭を見渡せる気持ちの良い空間となっています。庭は回遊式で、池や滝、水際に浮いているように見える六角堂や滝見台などもあり、緑の中をゆっくり散策する事ができます。

前回に引き続き、UIA(裏千家インターナショナルアソーシエーション)の有志の皆さまによる全編英語でのレクチャーとなります。(英語が理解できなくても楽しめる内容となっています。)
また、懐石の試食とまではいきませんが、季節の椀物を1品皆様にご用意いたします。

啓蟄の頃は三寒四温の季節。暖かくなったり寒くなったりしながら、季節はやがて春を迎えます。
むくむくと生き物が活動を始める心躍る春の一日をジンバブエ大使夫妻と共に過ごしましょう。

皆さまのご参加をおまちしております!

大使館でお茶をジンバブエ大使公邸

白い民族衣装を身につけてジンバブエ料理の説明をされる大使夫人

日時

2020.03.08 14:00〜16:00

場所

目白庭園 赤鳥庵

〒171-0031東京都豊島区目白3-20-18(google map

開場

13:45

定員

16

内容

ゲスト:
ジンバブエ大使夫妻
ジンバブエ特命全権大使 タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブ-バスツ閣下
(His Excellency Air Vice Marshal Titus Mehliswa Jonathan ABU-BASUTU)
ジンバブエ特命全権大使夫人 ノンプ メレロ アブーバスツ様 

ゲストと共にお茶席を経験、お茶や懐石についてレクチャーを受けます。
懐石試食は春の旬の椀物を一品お召し上がりください。(懐石のコースではございません。)
講師はUIA(裏千家インターナショナルアソーシエーション)有志の方々による全編英語でのレクチャーとなります。
(英語が理解できなくても楽しめる内容となっています。)

【主な内容】
・試食&懐石の季節のレクチャー(啓蟄の季節の旬の椀物をお召し上がりください)
・UIAによるお茶のデモンストレーション、呈茶(英語によるレクチャー)
・大使夫妻と懇親タイム
・閉会

お申し込み方法

【イベントは中止となりました。】

キャンセルポリシー

  • 参加費は事前お支払になります。銀行振込でのお支払いの場合は、イベント2週間前までにお願いいたします。ご連絡なく入金が遅れる場合はキャンセルとなります。ご注意ください。
  • 参加者の皆様にイベント7日~3日前までに詳細案内のメールをお送りします。
  • イベント7日前から100%のキャンセル料がかかります。
  • 7日前以前にキャンセルされた方の次回イベントへの参加費プール制度は廃止いたしました。7日前以前にキャンセルされた方にはイベント終了後、指定口座へのご返金をいたします。振込手数料に関してはご負担をお願いいたします。
  • 大使館や講師、IACの事情によりイベントの開催が不可となった場合、参加費の全額を返金、または別イベントへのお振替として対応いたします。