NPO法人 国際芸術家センターInternational artists center website

大使館うちあけ話 第5回 レバノン共和国
~オンラインで異文化体験 in English~

イベント概要

大使館うちあけ話 第5回 レバノン共和国
~オンラインで異文化体験 in English~

IACの合言葉は「世界いっぱい、文化いっぱい」

各国在日大使館とのイベントでは、いつもこの合言葉を実感しています。

コロナ禍で立ち上げたオンライン企画「大使館うちあけ話」も好評につき5回目を迎えることができました。

今回ご紹介するのは、レバノン共和国

講師お二人による、知られざるレバノン「大使館うちあけ話」にご期待ください。

 

ベイルート  Corniche El-Manara skyline

レバノン共和国というと、何を思い浮かべますか?

中東の地中海の東に位置するレバノン。
周辺諸国にはシリアとパレスチナ自治区が隣接しています。

小さい国家でありながら、レバノンの歴史は古く、石器時代から現代に至るまで、レバノンを語ることができます。


地図:レバノン

かつて中東のパリと呼ばれていた首都ベイルートは、レバノンの地中海文化、料理、歴史、考古学、建築、金融やビジネスの中心地として、多くの観光客を魅了しました。

レバノン内戦後は、数々の混乱を乗り越え、今では内戦前の姿を取り戻しつつあります。

しかし、観光地として楽しめる所はたくさんあり、近代のエンターテイメントだけでなく、地中海に囲まれた美しいビーチや、世界的に有名なレバノン料理を楽しむこともできます!

レバノンはアラブ諸国で、唯一砂漠のない国でもあり自然豊かな国です。

レバノン杉は国旗にもなっているのを知っていましたか?

ベイルート国立博物館

ベイルートのピジョン ロックス

国旗の中央にあるのはレバノン杉

 

世界最古の町の一つである、ビブロスでは紀元前の生活跡やフェニキアの神殿、十字軍の城を見ることができます。

紀元前3000年頃、地中海交易で栄えたフェニキア人が、世界で最も歴史の古い都市国家を、ここに建設したことは有名です。

ビブロスの遺跡はユネスコの世界遺産にも登録されています。

Baalbek, Temple of Bacchus

バールベック遺跡にあるバッカス神殿

レバノン料理のメゼは、中東・アラビア料理の代表と言っても過言ではない?!

一度の食卓で5~10種類の組み合わせの料理が楽しめるレバノン料理は、見た目も華やかですが、食べる人を魅了します。

レバノンに訪れた際には、必ず体験しておきたいですね!

Middle eastern or arabic dishes and assorted meze concrete rustic background. Meat kebab falafel baba ghanoush muhammara hummus sambusak rice tahini kibbeh pita. Halal food. Lebanese cuisine

レバノン料理 メゼ

その他にもレバノン国内では、中東でも珍しいスキーやウィンタースポーツを楽しめる場所もあり、国内最大のスキーリゾートが拡張され、近代化されています。

国への平和と安定の回復と必要なインフラの開発により、観光業がレバノンの経済を、再び大きく貢献することを目指し今も発展を続けています。

カディーシャ渓谷

ご紹介したのは一部ですが、今回のうちあけ話では、レバノンを”もっと近くに感じる、好きになる”お話がたくさん聞けることでしょう!

皆さんのご参加をお待ちしています。

 
日時

2021.12.11 15:00〜16:30

場所

オンライン zoomを利用

開場

14:50

定員

50

内容

お話:バシール ブラーシドさん(レバノン大使館 経済アタッシェ)

Bachir BouRached:Economic Attache of Lebanon Embassy in Japan

 

【プロフィール】

バシール ブラーシドさん2019年6月から、日本のレバノン大使館に経済アタッシェとして任命されました。

 

レバノンでは、経済学およびプライベートバンキングのバックグラウンドを活かし、民間の金融機関の投資部門で活躍されていました。

 

イベント当日は、バシールさんから通訳なしの英語で、レバノンの観光、ビジネス、文化、その他の分野について、楽しいお話が聞けることでしょう!

 

お話:黒木 英充(くろき ひでみつ)

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授

 

【プロフィール】

黒木さんは、中東の地域研究、特にレバノンとシリアの近現代の歴史を研究され、レバノンには1994年以来、100回ほど訪れているそうです!

 

2005年に大学の研究事務所を首都ベイルートに開設し、その運営に携わってきました。

 

「長い歴史と、多彩な文化を誇るレバノンの魅力を、皆さんにお伝えしたい」とおっしゃっています。

 

黒木さんからは日本語でお話が聞けるので、そちらも楽しみにしてください。

 

◆主催:国際芸術家センター(IAC)

◆協力:レバノン大使館(画像提供を含む)

◆問い合わせ先:国際芸術家センター(IAC) info@iactokyo.jp

 

 

———オンライン(zoom)イベントご参加について———

●zoomについて
複数人での同時参加が可能な、映像(ビデオ)と音声を使ってコミュニケーションをとれるオンラインツールです。PCやタブレット、スマートフォンで参加できますが、ネット回線の安定している場所からの参加が望ましいです。当日は15分前から入室可能です。使い方が不安な方は、開始時間より早めにご入室ください。

●スマホ、タブレットでのご参加
事前にアプリのダウンロードをお済ませください。下記URLから又は「zoom」で検索すればダウンロードできます。無料です。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

●PCでのご参加
PCの場合はアプリをダウンロードする必要はありません。お送りするURLをクリックするだけで参加できます。

●音声について
講座中は、混乱を避けるため参加者音声をオフにいたします。音声をオフにしている時もチャット機能でご質問いただけます。また、質問タイムは別途設けますのでご安心ください。

お申し込み方法

《参加費》

一般の方:1,000円 

①オンラインによる申込み方法

一般の方はこちらからお申し込みができます。

 

会員の方: 無料

応募方法は会員向けニューズレター内に記載しています。会員の方でニューズレターが届いていない場合は、事務局(info@iactokyo.jp)までご連絡ください。

 

②振込による申込み方法

振込の方は、住所、氏名、メールアドレス、電話番号をinfo@iactokyo.jp まで必ずご連絡をお願いします。

<振込先口座>
ゆうちょ銀行 
記号 10170
番号 77859861
名義 トクヒ)コクサイゲイジュツカセンター

 

キャンセルポリシー

  • 参加費は事前お支払になります。銀行振込でのお支払いの場合は、イベント2週間前までにお願いいたします。ご連絡なく入金が遅れる場合はキャンセルとなります。ご注意ください。
  • 参加者の皆様にイベント7日~3日前までに詳細案内のメールをお送りします。
  • イベント7日前から100%のキャンセル料がかかります。
  • 7日前以前にキャンセルされた方の次回イベントへの参加費プール制度は廃止いたしました。7日前以前にキャンセルされた方にはイベント終了後、指定口座へのご返金をいたします。振込手数料に関してはご負担をお願いいたします。
  • 大使館や講師、IACの事情によりイベントの開催が不可となった場合、参加費の全額を返金、または別イベントへのお振替として対応いたします。