カテゴリー別アーカイブ: 国別イベント

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」高森先生よりお道具の話


3月20日(月祝)に行われたリトアニア大使夫人をお招きしての茶席で亭主を務められた高森梨津子先生より、当日のお道具についてお話をいただきました。

お道具の一つ一つに意味や歴史があり、それを知っているうえで、季節に合わせ客人に合わせチョイスするというのは、また何という奥深い高等テクニックでしょうか。
下世話な言い方をしてしまい申し訳ないですが、お茶席についての知識がほぼない私ですので、ある意味外国人目線と同じような新鮮な感動を覚えます。

ひとえにすべてはお客様を心からお迎えするという事につながっているのだなと感じます。
お茶席は、お客様をお迎えする総合芸術なのですね!
高森先生ありがとうございました。

———————————————————————————————-
掛物は、「福寿海無量(ふくじゅかいむりょう)」。
『観音経』の中にある一句です。観世音菩薩の功徳は「福を聚めた大きな海のように深く無量にある」という意味の言葉です。
Hanging scroll is written as 福寿海無量 in Japanese.
It is the phrase written in Kannon Sutra and its meaning is that the charity of Bodhisattva (Kwannon)
is like the great ocean filled with immense fortune.

ただお目出度いというだけではなく、深い意味も含めて 今日 大使夫人を迎え、皆で集まることの出来た喜びの想いをこの掛物に込めました。
It is not only superficial fortune but also, I expressed by hanging this scroll, it is a great pleasure to welcome Ambassador’s wife together with IAC members today.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
掛物「福寿海無量(ふくじゅかいむりょう)」

当日は「お彼岸」の最中でしたので、お花を「彼岸桜」にしました。染井吉野より、ひと足早く咲く桜に これから迎える春の華やかさを感じてもらいたいと思い選びました。
As today is one of equinoctial days and the pronunciation of equinoctial days is the same as the pronunciation of flower, therefore, I selected Cherry blossoms called 「彼岸桜」which blooms
earlier than cherry blossoms called 染井吉野 wishing that our guests feel the flashiness of Spring.

京都の青竹が手に入りました。「青竹」の青さは、一度きりなのでどの器よりご馳走を表せると云います。
庭に咲いた「貝母(バイモ)」という可憐な草花を添えて生けました。
I could get the fresh bamboo from Kyoto. Freshness of bamboo is only one time and does not last long, so in the tea world by using such fresh bamboo which can be used once in a life time, is the way of expressing host’s hospitality.
I placed the lovely Frittilary flower「貝母(バイモ) in the vase which was picked up from my garden.

『茶花は野にあるように かろがろ と生けよ』と利休の言葉が残っています。
茶花は、その地方の季節の旬の花を生けて、お客様を迎えます。
Our Grand Tea Master Sen Rikyu taught us that flowers should be placed as if they are still growing in the field.
Tea flower is placed in the vase considering the coordination with the season in the area to welcome the guests.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
彼岸桜、貝母(バイモ)を京都の青竹に入れて

お菓子は「松風(まつかぜ)」。京都の老舗菓子屋「亀屋陸奥」。このお菓子は、信長と石山本願寺の11年続いた合戦のさなかに 兵糧として考案されたという いにしえの菓子です。
Thin tea sweets are named as Pine Wind 「松風(まつかぜ)」which is manufactured by an old shop in Kyoto called Kameya-Mutsu「亀屋陸奥」. The origin of the sweets was founded as one of food supply eaten at the war-site at where Feudal Lord Nobunaga and Ishiyama Honganji Temple battled with for 11 years.

リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館
和菓子「松風(まつかぜ)」

お点前の道具も「旅箪笥」という 棚を使いました。
今の時代では、まるで春の麗らかな野点を連想させますが、実はこの棚は 秀吉が小田原征伐の折、利休に命じて考案させたものなのです。
この棚に、水指や茶器、柄杓、蓋置など、お茶を点てるのに必要な道具を全て収納して 担いで運べるように工夫されています。
The tea utensil stand is called 「旅箪笥」which direct translation is the traveling cabinet.
As you see the tea utensil stand, you may imagine the scenery as if we enjoy the tea in the field. The origin of this tea utensil was founded by our Grand Tea Master Sen Rikyu by the order of Feudal Lord Hideyoshi when he accompanied Feudal Lord Hideyoshi at the time of Odawara Campaign to enjoy the tea even in the battle field. All needed tea utensils such as fresh water container, tea container, ladle, lid rest can be put and kept inside of it and carried on the shoulder to the battle field.

「リトアニア大使夫人と共に学ぶ茶事と懐石@駒場前田邸迎賓館」
奥に見えているのが旅箪笥

今の時代では 嫁入り前の習い物と思われがちな「茶道や華道」ですが、実は 室町時代に男性が命がけで培ってきた日本の美意識の集大成 ということを 少しでも伝えられたら、と思い 室礼を考えました。
Nowadays the way of tea and the way of flower are considered as the lessons for young women to become a bride but in the Muromachi period they were the compilation of Japanese aesthetic sense which had been accomplished with the desperate effort by men. Having considered those things, I arranged those tea utensils to express and inform these spirits.

こうした集まりで、「四季折々を楽しめる日本の素晴らしさ」を、体感していただけたら幸せに思います。
I am very pleased if all participants can experience the wonderfulness of enjoying the seasonal changes by themselves by attending this tea gathering.

この日はわたしも 皆様と 歴史ある建物のなかで 心豊かな時間を過ごすことが出来ました。
こうした会を是非続けて頂きたいと思います。
I, myself enjoyed the gorgeous and fruitful time with you in the historical residence where Japanese Feudal Lord lived in the old days.

私も自分の感じる「日本新発見」をブログへ書きたいと思います。良かったら覗いてください。そして、体験しにいらしてください。
I also would like to write new discovery of Japan in my Blog that I felt today. Please get in contact with my Blog and experience it by yourself.
renshin.me

ありがとうございました。
Thank you very much.

高森 梨津子
Ritsuko Takamori

英訳 小笠原寿子(translated by Hisako Ogasawara, IAC)

「大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館」参加者からの感想


楽器や踊りについて熱心に質問されていたIAC会員の渡辺えり代さんから、感想を頂きました。
アフリカの踊りや音楽を体験する企画もぜひ実現したいと思います。

——————————————————————————-
「第16回大使館でお茶を」はブルキナファソ大使館で開催されました。会場からは満開の桜を愛でることができて、心地良い春を満喫。
アミナトウ・ウビダ大使夫人によるスライドを使ったプレゼンテーションは新しい発見が多く、興味深いお話ばかり。

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
アミナトウさんのプレゼンテーションを熱心に聞き入る。

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
ブルキナファソの国旗

ブルキナファソは正直で高潔な人々の国という意味で、国旗の赤色は革命の戦いで流された血を、緑色は人口の80%が従事する農業を、黄色は輝く国を象徴するそうです。

納豆に似た調味料スンバラ、国民食であるトー、バオバブのジュースなど今まで聞いたことのない珍しい食べ物のお話は、多くの女性の関心を集めていました。
アフリカの音楽とダンスが大好きな私は、バラフォンという楽器の木が神様からいただいたもので、その音に精霊が宿り、音楽は神様の言葉を伝えるためにあるというお話に魂が揺さぶられました。  
(IAC会員 渡辺えり代さん)

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター(International Artists Center)
バオバブジュースとビサップジュース。ビサップはハイビスカスのジュースです。(International Artists Center)

感想をありがとうございました!またのご参加をお待ちしています。

写真撮影/神宮智咲(写真家・IAC国際芸術家センター会員)

「大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館」


少し遅くなりましたが、4月10日(月)に開催された「大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館」のご報告です。
Hello everyone. It’s been a while since we held “Join us for tea at the Embassy” at the Embassy of Burkina Faso. Here is the report from the tea party.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
大使館は小さな外国への入り口
An embassy’s front door leads us to a foreign country

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
満開の枝垂れ桜
a full-blown drooping cherry-tree

当日は明るい陽ざしに少々汗ばむくらいのお天気となりました。大使館の中庭から見える枝垂れ桜のキレイな事!お天気が良ければお茶は中庭で頂けるとのことで期待で胸膨らむスタートです。
It was a beautiful fine day and the warmness brought out a slight sweat. A drooping-cherry tree visible from the court yard was splendid. We had been told that if the weather was nice we could enjoy the tea party in the yard. We all kept our fingers crossed.
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
“Join us for tea at the Embassy” at the Embassy of Burkina Faso by IAC; International Artists Center

本日のホストは、お洒落で美しい、ブルキナファソ大使夫人アミナトウ・ウビダ・シセさん(Mrs. Aminatou OUBIDA CISSE)。
明るいカラーの着こなしや、桜の季節に合わせた髪飾りが素敵です。後半のお茶の時間でも記念写真で皆さんから声をかけられとても人気でした。
Today’s host was a very beautiful spouse of the Ambassador of Burkina Faso, Mrs. Aminatou OUBDIA CISSE who is very fashionable having a high sense of color coordination. Her hair accessory, matching this cherry blossom season, was very lovely. During the last half of the tea party, many participants asked Mrs. Aminatou to take photos together. She was very popular.

さて前半はブルキナファソのプレゼンタイム。お国を知る時間です。プロジェクターに少々トラブルがありましたが、今回もブルキナファソについて皆で学びました。
During the first half of the tea party, we learned about Burkina Faso from Mrs. Aminatou.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
ブルキナファソの説明を受けます。
Everyone is listening to the talk about Burkina Faso.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
お国プレゼンもアミナトウさん自ら。
Mrs. Aminatou introduced her country to the participants.

ブルキナファソは西アフリカに位置する共和制国家、現在の国名は、1984年に旧国名のオートボルタから改称されて付けられました。
ブルキナはモシ語で「高潔な人」、ファソは「祖国」を意味します。
Burkina Faso is located in West Africa and has a republic government. Formally called the Republic of Haute-Volta, the country was renamed “Burkina Faso” in 1984. Burkina from Mossi language means “Men of Integrity,” while Faso means “Fatherland”.

アフリカは日本からは遠いこともあり、日本人はあまり多くの事を知りません。
もちろん多くの日本人が持つアフリカのイメージも間違いではないと思いますが、一口にアフリカ諸国と言っても、それぞれの文化や国情や人柄は違います。
この大使館のお茶会では、ブルキナファソは、タンザニア、ボツワナ、マダガスカルに次ぐアフリカ4か国目となり、ぐっと身近に感じるようになりました。
Because Africa is far from Japan, not many Japanese people know about the continent in detail. Of course, images of Africa that Japanese people have are not always wrong but at the same time it is important to be aware that there are different cultures, conditions, and personalities in each African nation. Following Tanzania, Botswana, and Madagascar, Burkina Faso was the fourth country to host “Join us for tea at the Embassy”. Now I feel much more familiar with the African Continent.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
スライドでブルキナファソの食文化について教えて頂きました。

ブルキナファソの料理や食文化の説明も興味深く伺いました。
We learned about food culture of Burkina Faso from the slide show.

プレゼンの後のQ&Aを経て、後半はお待ちかねの軽食&お茶の時間です。
After the presentation, Q&A followed and then it was time for lunch and tea.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
14th“Join us for tea at the Embassy” at the Embassy of Burkina Faso by IAC; International Artists Center

こちらは珍しいバオバブジュースとハイビスカスティー。バオバブジュースは皆さん当然初体験の味でした。
また料理はブルキナファソ料理のケータリング業をされているエミールさんがお一人で作ってくださいました。ありがとうございます!
The juice on the left is made of baobab and it is quite rare in Japan. The drink on the right is hibiscus tea. Many of us tasted baobab juice for the first time. Chef Emile, who owns Burkina Faso food catering business, prepared the food for us by himself. We thank you, chef Emile!
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
ブルキナファソ料理のミールセット。揚げたさつまいもとサモサなど。
Burkina Faso food combo, deep-fried sweet potatoes and samosas

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
シェフのエミールさんより料理の説明を受ける。

揚げ物にこのピリッとしたソースがとても合うんです!
Chef Emile explained to us about the food. This sauce goes extremely well with deep-fried food.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
14th“Join us for tea at the Embassy” at the Embassy of Burkina Faso by IAC; International Artists Center

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
気持ちの良い中庭でお茶の時間
Tea time in the beautiful and cozy courtyard
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
交流&懇親タイム。Conversation time

最後にIACより今日のホストを務めてくださったアミナトウさんへ小さな贈り物を差し上げました。アミナトウさんの干支(ネズミ年)の刺繍の帯どめです。
着物に詳しい会員より帯どめの使い方を説明しました。オシャレなアミナトウさんなら上手に使いこなしてくださると思います!
At the end of the party IAC presented Mrs. Aminatou with an obi retainer with mouse patterned embroidery; Mrs. Aminatou was born in the year of mouse. One of the IAC members who is knowledgeable about Kimono explained to her how to use obi retainer. I am sure she will wear it very well with her high sense of fashion.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
14th“Join us for tea at the Embassy” at the Embassy of Burkina Faso by IAC; International Artists Center

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
帯どめを持つアミナトウさん
Mrs. Aminatou carrying the obi retainer

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
全員で記念撮影

最後に全員で記念撮影、散会となりました。アミナトウさん、ブルキナファソ大使館の皆さま、有難うございました。
参加者の皆さまも有難うございました!
We took a photo together before we left the party. We want to thank Mrs. Aminatou and everyone at the Burkina Faso Embassy. We also thank all the participants.

大使館でお茶を第14回ブルキナファソ大使館byIAC国際芸術家センター
アミナトウさんとエミールさん
Mrs. Aminatou and Chef Emile

今日のシェフのエミールさんは、店舗を持たずブルキナファソ料理のケータリング専門でお仕事をされています。
ご興味のある方は、ぜひどうぞ。
You can enjoy Chef Emile’s delicious food through his catering business. If you are interested in catering his food, please visit the website below.
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140502/14054057/

では次回は5月、ルーマニア大使館でお会いしましょう!
We are looking forward to seeing you in May at the Romanian Embassy.

文/高田桃子(IAC国際芸術家センター会員)
英訳/磯﨑久子(IAC国際芸術家センター会員)
写真撮影/神宮智咲(写真家・IAC国際芸術家センター会員)

written by Momoko Takata(International Artists Center Member)
translated by Hisako Isozaki(International Artists Center Member)
Photo by Chisaki Shingu(International Artists Center Member)