NPO法人10周年記念パーティー


11月3日(木)、IAC国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティーが開催されました。日頃の行いの良さが功を奏し(笑)、
11月としては汗ばむくらいの好天気となりました。

IAC国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
IAC国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー

会場となった代官山ヒルサイドバンケットの裏手には、重要文化財でもある旧朝倉家住宅があり、代官山駅から数分の場所にもかかわらず、緑が多く落ち着いた環境です。

IAC国際芸術家センターは60年近い歴史があるのですが、NPO法人設立からは10周年、正確には11年目に入っています。今までの歩みを振り返りながら、会員の皆さまや、関係者、交流のある大使館の方々に楽しんでいただきお祝いしましょう!という趣旨でした。

IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
代表理事金屋から挨拶

IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
アルメニア大使館の外交官より挨拶を頂きました。(アタッシェのイェルヴァンド・マルコスヤンさん。Attach Yervand Markosyan)

食事は代官山フレンチ「パッション」のケータリングの他に、今までのIACと大使館との共催イベントの際に作られたレシピの中から、豆に関連するメニューをいくつか用意しました。

IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー

IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
パキスタンのヒヨコマメカレー。「食から知る民族文化」でパキスタン大使館に教えて頂いたレシピで。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
味噌松風。アルメニア大使館との共催イベントの際にだしたものです。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
IACオンラインショップの商品の販売やSALEもありました。エストニアのニットは冬らしい柄が人気でした。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
日本の字の民俗芸能を現代に引き継ぐ「心組」によるパフォーマンス、鬼剣舞。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
阿波踊りで盛り上がる会場。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
やっとさーやっとやっと~!
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
風呂敷ラッピングのミニレクチャー
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
各国大使館から協賛頂いた品の抽選会も行われました。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
風呂敷ラッピングの説明に耳を傾けるモルドバ大使夫人。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
各国大使館や外交官の方たちも多数来場されました。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
各国ワインに舌鼓。
IAC-国際芸術家センターNPO法人10周年記念パーティー
最後にクロアチア大使からお話いただきました。ありがとうございました。
IAC-国際芸術家センターNPO法人設立10周年記念パーティ
心組メンバーとクロアチア大使夫妻。

≪ご協賛企業と団体(協賛金や協賛品をいただきました)アイウエオ順≫
アズアンドコー ㈱
http://www.az-co.jp/
イーアンドイーホールディングス(株)
http://www.eande-h.com/
クロスワールドジャパン
(以下のソフィア株式会社の関連会社)
http://sophia-net.com/
Gift from Boswana
http://giftbotswana-japan.jimdo.com/
第3世界ショップ Asante Sana
http://www.p-alt.co.jp/asante/pg154.html
ブライト出版交易
http://www.bright-p.com/ (準備中)
湊商事株式会社(豆の関係)
http://www.kobeminato.co.jp/
MIRAS PERSIA Travel
http://www.miraspersia.com/index.php?lang=ja
やまも味噌
http://yamamo1867.com/company.html
ラトビア雑貨の専門店SUBARU
http://www.subaru-zakka.com/
WAKO Academy(雑穀処方サロン WAKO)
https://wakoacademy.amebaownd.com/

≪在日各国大使館(協賛品をいただきました)アイウエオ順≫
グァテマラ大使館
http://www.embassy-avenue.jp/guatemala/index-j.html
セルビア大使館
http://www.tokyo.mfa.gov.rs/jpn/
ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館
http://embassy.all-guide.info/e…/bosnia-and-herzegovina.html
ボツワナ大使館
http://www.botswanaembassy.or.jp/
モルドバ大使館

≪ご協力 アイウエオ順≫
アフリカの花屋
https://afrikarose.com/
G-Club (旗)
http://www.g-club.co.jp/
高畠ワイナリー
https://www.takahata-winery.jp/index.asp

ゲストの皆さまや参加された会員の方々、ありがとうございました。

11年目からもまだまだ進歩するIAC-国際芸術家センターをどうぞよろしくお願い致します。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」参加者の感想


リトアニア大使館のお茶会にご参加頂いた中から、お二人に当日の感想を頂きました。

——————————————————————————————————–
「大使館でお茶を」第11回 リトアニア大使館に参加させて頂きました。
リトアニアについては、バルト三国の一つ、杉原千畝さんという位の認識しかなく、また現地の話を聞いた事がなかったのですが、今回はガリナ駐日大使夫人からお国の紹介をお伺いする事ができました。個人的に日本語を習われているとの事で、スムーズな日本語でスライドを交えて色々な事をご紹介下さり、中でも印象深かった事は、リトアニアへの渡航者は三年前の年間八千人から今では二万人に増えている事、首都ヴィリニュスは歴史的建築物が多く、美しい旧市街は世界遺産に登録されていて、東欧では人気の観光地である事や、名産品の一つ、琥珀はアクセサリーを始め、化粧品や紅茶(!)の原料にもなると知り、とても驚きました。また食文化に関しては、食事には黒パンがとスープが出て、夏は冷たいビーツスープ、冬にはパンが器になったスープが一般的で、また祝いの席でのシャコティス(木の枝)というお菓子は、バウムクーヘンの起源になったとも言われているそうで、一気に未知の国への興味が広がる内容でした。
会の後半の各国のお茶とお菓子を頂く時間に、ご用意頂いたのは、キビナイ:サワークリーム入りのさっくりした生地に、ひき肉フィリングのパイ / ビーツサラダ:じゃがいもやビーツ等に、シンプルな味付けながらも、ほどよい酸味があとを引く / zagareliai (ツイスター) :口に入れるとホロホロと崩れる、ほんのり甘い揚げ菓子 / カシスワイン、ハーブティー
大使館からの温かいおもてなしと、いつも企画下さるIACの皆様に、心より感謝申し上げます。
そして今後も様々な国と「食」を通じての交流ができる機会を楽しみにしております。
(IAC会員 H.Tさん)

大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館
大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館

——————————————————————————————————–
大使館は日本の土地の上に立っていても、軽々しく立ち入ることのできない治外法権の他国です。その前を通ることは有っても、何やら敷居も高く厳しいイメージでしたが、リトアニア大使夫人の気さくな心遣いに、とても楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。
広間に飾られた紅葉の木や、トイレの花のしつらえにも日本的な心遣いを感じることができ、もてなしていただく私も日本人として恥ずかしくないようにと、背筋を伸ばす思いでした。
杉原千畝氏との関係性で、親密さを感じていましたが、多神教の自然崇拝の民族であることを知り、よりいっそうの思いが深くなりました。

リトアニア大使夫人から直接レクチャーを受けられるという稀な機会を得られた事に、心から感謝し感激しております。
改めて開催にご尽力されているIACのスタッフの皆さまに、お礼申し上げます。
(川口麻紀さん)

日本の中のリトアニアを楽しんでいただけ嬉しいです。
ありがとうございました!

大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館
大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」


2016年10月25日(火)、今年最後の「大使館でお茶を」はバルト3国の1国、リトアニア共和国大使館で行われました。第11回目となりました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」両国の旗を飾って。

リトアニア共和国と言えば、ナチス・ドイツの迫害を逃れてきた多くのユダヤ人にビザを発給した杉原千畝氏が有名です。
氏のポスターが大使館のなかにも貼られており、今でもリトアニアと日本の友好のシンボルです。嬉しいですね。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」杉原千畝のポスター
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」杉原千畝のポスター

麻布十番から少し歩き、閑静な住宅街に入るとリトアニア共和国大使館があります。

ガリナ・メイルーニエネ(Galina・meiluniene)さん。
ガリナ・メイルーニエネ(Galina Meiluniene)さん。

本日のホスト、そしてプレゼンしてくださるのはリトアニア共和国大使夫人のガリナ・メイルーニエネ(Galina Meiluniene)さん。
やさしい笑顔の素敵な女性です。日本文化に関心が高く各地のお祭りなども訪ねていらっしゃるそうです。
館内にはさりげなく紅葉の飾り付けなどされており、そのおもてなしの心配りに感激しました!

まずはレセプションルームにて、IACより挨拶、参加者の方々の自己紹介に続き、ガリナさんのお国紹介が始まりました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」スタートです。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」スタートです。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」参加者自己紹介。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」参加者自己紹介。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」ガリナさんによるお国プレゼン。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」ガリナさんによるお国プレゼン。

リトアニアは1991年に旧ソ連から独立を果たしましたが、中世にはリトアニア大公国として栄えた歴史の古い国です。
また、多くの湖が点在する自然豊かな国で、ガリナさんも子供の頃から自然と親しみ育ったとの事。
日本と同じような神道的な考え方があり、色々なものに生命が宿っていて、日本でいう妖怪のような存在もあるとのこと。
また琥珀がたくさん取れるとのことで、5時間かけて淹れる琥珀のお茶というものもあるのだそう。どんな味なのでしょうね。一度味わってみたい!

お国紹介のあとは軽食を囲んでの懇親タイムです。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」お待ちかねの懇親タイム。皆さん興味津々です。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」お待ちかねの懇親タイム。皆さん興味津々です。

リトアニアのミックスハーブティーに赤ワイン。
リトアニアのミックスハーブティーに赤ワイン。
リトアニアの伝統的なセイボリー、キビナイ。
リトアニアの伝統的なセイボリー、キビナイ。
ビーツと白インゲン豆のサラダ。
ビーツと白インゲン豆のサラダ。
クリスマスイブのお菓子、ツィスター(ザガレリアイ)。
クリスマスイブのお菓子、ツィスター(ザガレリアイ)。

リトアニアのミックスハーブティーに、リトアニアの伝統的なペーストリーであるキビナイ、そしてビーツと白インゲン豆のサラダ。紅がキレイです。
デザートはツィスターという粉糖のかかった揚げ菓子で、これはクリスマスイブに頂く特別なお菓子だそうです。
どれも素朴で美味しいものでした。皆さんリトアニアの味を楽しみながら、思い思いに歓談されていました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」歓談タイム。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」歓談タイム。
お茶目なガリナさん!
お茶目なガリナさん!

歓談が一息ついた頃に、今日のホストであるガリナさんにIACからプレゼントをさせて頂きました。

加賀水引きの説明を。
加賀水引きの説明を。
加賀水引きの祝袋。
ガリナさんの好きな漢字を入れました。

加賀水引きの祝い袋です。
前もってガリナさんのお好きな漢字をお伺いしていました。ファミリーを何より大切にしているガリナさんの思いが伝わりますね。

短い時間でしたが、リトアニアに対する知識が深まり、またもや行きたい国が増えてしまいました。
ガリナさん、心のこもったおもてなしをありがとうございました。今回も楽しい時間を過ごせました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」

次回は1月末、クロアチア大使館でお会いしましょう。。

写真撮影者: 藤倉明治(写真家、日本写真家協会)