「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」


2016年10月25日(火)、今年最後の「大使館でお茶を」はバルト3国の1国、リトアニア共和国大使館で行われました。第11回目となりました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」両国の旗を飾って。

リトアニア共和国と言えば、ナチス・ドイツの迫害を逃れてきた多くのユダヤ人にビザを発給した杉原千畝氏が有名です。
氏のポスターが大使館のなかにも貼られており、今でもリトアニアと日本の友好のシンボルです。嬉しいですね。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」杉原千畝のポスター
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」杉原千畝のポスター

麻布十番から少し歩き、閑静な住宅街に入るとリトアニア共和国大使館があります。

ガリナ・メイルーニエネ(Galina・meiluniene)さん。
ガリナ・メイルーニエネ(Galina Meiluniene)さん。

本日のホスト、そしてプレゼンしてくださるのはリトアニア共和国大使夫人のガリナ・メイルーニエネ(Galina Meiluniene)さん。
やさしい笑顔の素敵な女性です。日本文化に関心が高く各地のお祭りなども訪ねていらっしゃるそうです。
館内にはさりげなく紅葉の飾り付けなどされており、そのおもてなしの心配りに感激しました!

まずはレセプションルームにて、IACより挨拶、参加者の方々の自己紹介に続き、ガリナさんのお国紹介が始まりました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」スタートです。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」スタートです。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」参加者自己紹介。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」参加者自己紹介。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」ガリナさんによるお国プレゼン。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」ガリナさんによるお国プレゼン。

リトアニアは1991年に旧ソ連から独立を果たしましたが、中世にはリトアニア大公国として栄えた歴史の古い国です。
また、多くの湖が点在する自然豊かな国で、ガリナさんも子供の頃から自然と親しみ育ったとの事。
日本と同じような神道的な考え方があり、色々なものに生命が宿っていて、日本でいう妖怪のような存在もあるとのこと。
また琥珀がたくさん取れるとのことで、5時間かけて淹れる琥珀のお茶というものもあるのだそう。どんな味なのでしょうね。一度味わってみたい!

お国紹介のあとは軽食を囲んでの懇親タイムです。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」お待ちかねの懇親タイム。皆さん興味津々です。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」お待ちかねの懇親タイム。皆さん興味津々です。

リトアニアのミックスハーブティーに赤ワイン。
リトアニアのミックスハーブティーに赤ワイン。
リトアニアの伝統的なセイボリー、キビナイ。
リトアニアの伝統的なセイボリー、キビナイ。
ビーツと白インゲン豆のサラダ。
ビーツと白インゲン豆のサラダ。
クリスマスイブのお菓子、ツィスター(ザガレリアイ)。
クリスマスイブのお菓子、ツィスター(ザガレリアイ)。

リトアニアのミックスハーブティーに、リトアニアの伝統的なペーストリーであるキビナイ、そしてビーツと白インゲン豆のサラダ。紅がキレイです。
デザートはツィスターという粉糖のかかった揚げ菓子で、これはクリスマスイブに頂く特別なお菓子だそうです。
どれも素朴で美味しいものでした。皆さんリトアニアの味を楽しみながら、思い思いに歓談されていました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」歓談タイム。
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」歓談タイム。
お茶目なガリナさん!
お茶目なガリナさん!

歓談が一息ついた頃に、今日のホストであるガリナさんにIACからプレゼントをさせて頂きました。

加賀水引きの説明を。
加賀水引きの説明を。
加賀水引きの祝袋。
ガリナさんの好きな漢字を入れました。

加賀水引きの祝い袋です。
前もってガリナさんのお好きな漢字をお伺いしていました。ファミリーを何より大切にしているガリナさんの思いが伝わりますね。

短い時間でしたが、リトアニアに対する知識が深まり、またもや行きたい国が増えてしまいました。
ガリナさん、心のこもったおもてなしをありがとうございました。今回も楽しい時間を過ごせました。

「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」
「大使館でお茶を第11回リトアニア共和国大使館」

次回は1月末、クロアチア大使館でお会いしましょう。。

写真撮影者: 藤倉明治(写真家、日本写真家協会)

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」


今回の催しは、交流を続けている大使とともに日本の伝統的なティーセレモニー茶席(茶会)を体験するというもの。「大使館でお茶を」の姉妹企画ともいえる新企画イベントです。

第一回は9月に「大使館でお茶を」でお世話になったグァテマラ大使館のアンヘラ・マリア・チャベス・ビエティ大使とフォトグラファーのご夫君をご招待して開催しました。
グァテマラ大使は日本文化にとても関心を持っており、休日はご主人とともに街歩きを楽しんでいらっしゃるそうです。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

雨が毎日のように降り続いていたこの時期でしたが、10月2日当日は朝から快晴!10月に似合わない汗ばむ陽気となりました。
この旧前田家迎賓館は駒場公園内にあり、重要文化財にも指定されている素晴らしい建物です。
建てられたのは昭和8年、当時外交官となっていた前田家当主が外国のお客様を招くために当時の粋を集めて建てられた和邸。
庭には緑を背景に池があり前田家独特の雪見灯籠も点在、縁側に座っているとゆったりとした時間が流れています。
ここが東京ということを思わず忘れてしまう空間です。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

まずはIAC国際芸術家センターからご挨拶、そして参加者の方々の紹介、グァテマラ大使夫妻からのご挨拶に続き、お茶会亭主を務めてくださった高森梨津子先生から茶事についてのミニレクチャーがありました。
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
高森梨津子先生より茶事についてレクチャーいただきました。知識が深くとても分かりやすいです。思わず身を乗り出して聞きました。その後はお茶会です。

私は恥ずかしながら茶事の事はほとんど知りません。当日色々学ぶつもりで参加させて頂きました。今日のような多数の客を一同に集めて行われるものを「茶会」と呼ぶそうです。「茶席」とは分けて考えるんですね。(違っていたらごめんなさい!)

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

お茶の頂き方も高森先生よりレクチャーしてもらいました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
グァテマラ大使夫妻も熱心に取り組んでくださいます。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

こちらの和菓子は小男鹿(さおしか)。小豆の粒が斑点となって鹿の子の姿をイメージしているのだそう。
可愛らしいお菓子ですね!口当たりふんわり、甘さも控えめ食べやすいです。

お茶会が終わると昼食のお弁当です。お弁当は六本木の精進料理レストラン「宗胡」さんに作って頂きました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」宗胡精進弁当
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」宗胡精進弁当

お弁当の内容は、
菊華かぶ、トマトの蜜煮、あんず、なすの揚げ浸し、高野豆腐東寺巻(ゆばまき)、もってのほか(おひたし)、春雨巻、ゴボウの白線揚げ(葛をまとわせた)、精進カツ、和風シュウマイ(菊花風)、生粟麩煮、ハクレイ茸、グリーンアスパラ浸しシロズイキ(シロダツ)、四角豆、雷こんにゃく、ヤングコーン、豆腐旨煮青海苔、まいたけ天ぷらごはん、塩こぶ、全19品!
大変盛り沢山な内容な上に一つ一つとても手がかかっています。野菜料理はどうしてもあっさりしがちですが、精進料理の場合は油で揚げたり衣に工夫をしたりと充分満足感を味わえるようになっています。日本の誇る元祖ベジタリアン料理ですよね。食べていても新鮮な驚きがありとても楽しかったです。宗胡さん、ありがとうございました。

こんな素敵な空間でお茶席、そして精進懐石弁当が食べられるなんて幸せです。
精進料理シェフの吉田伸一氏からは精進料理についてミニレクチャーとお弁当の説明をしていただきました。

「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」
「グァテマラ大使と共に学ぶ茶事と懐石@駒場旧前田邸迎賓館」

参加者同士お話しながら心身にたっぷりご馳走を頂きます。
軽々しく癒しという言葉を使いたくはないですが、これが癒しでなくてなんでしょう?

素敵な一日となりました。
お弁当の提供で協力頂いた東京クックの吉田伸一さん、後藤葉子さん(通訳も務めて頂きました。感謝です!)、素晴らしいレクチャーを頂いた高森梨津子先生ありがとうございました。
グァテマラ大使夫妻を始め参加者の方々にも喜んで頂けIACとしても嬉しい限りです。ご参加ありがとうございました。

この催しはこれから定期的に開催する予定です。開催の際はおしらせページで告知いたしますのでお楽しみにお待ちください!

主催:IAC国際芸術家センター
協力:宗胡(精進弁当提供)/ Tokyo Cook(外国人向け和食料理教室運営) 
http://tokyo-cook.com/
高森梨津子(表千家茶道教授、華道家元 池坊教授)
http://renshin.me/

「大使館でお茶を第10回グァテマラ大使館」参加者の方の感想


当日参加したIAC会員の方から感想を頂きました。
ありがとうございます!

—————————————————————————
中南米の大使館が集まるビル内のラテンアメリカンサロンにて開催された「大使館でお茶を」・グァテマラ大使館、4月のドミニカ共和国以来2度目の参加だった。
 まず最初に大使自ら、グァテマラの紹介をしてくださった。スライドを使ったとても分かり易い解説に、遠いグァテマラを近くに感じる。25歳以下の人口が58%を占める、日本人にはとても羨ましい国だ。
 更に羨ましかったのは、大使、領事共に女性であること。グァテマラでは、女性大使はめずらしくなく、大使の夫は帯同して、食事作りなど家事全般をされているとのこと。大使がグァテマラ紹介をしている間は、カメラマンとして大活躍だった。
 観光スポットも自然も豊かなグァテマラ。マヤ民族の美しい織物や民族衣装、遺跡、お料理などが写真で紹介された後、PRのDVDが上映され、すっかりグァテマラを旅した気分になった。大使・領事を囲み記念撮影終了後、グァテマラ料理のお茶会がスタート。テーブルに敷かれた特産の織物同様、カラフルなお料理が並ぶ。  
 グァテマラの伝統料理、チレス・レジェノス(ピーマンの肉詰めフライ)にはトマトと玉ねぎ、コリアンダーのチリモルソースがかかり、色味も美しく、さっぱり食べられた。クルティード(茹で野菜のピクルス)は酸味と塩味が控えめで、サラダのように食べられる味付。野菜いっぱいでヘルシーメニューの中に、お肉ゴロゴロのシチューが登場し、「大使館でディナーを」というボリュームだった。

「大使館でお茶を第10回グァテマラ大使館」
「大使館でお茶を第10回グァテマラ大使館」

 最後にグァテマラコーヒーと一緒に味わった、トウモロコシを使った焼菓子トルタ・デ・エローテ、揚げ菓子のヌエガドは素材の甘味が引き立つシンプルな味付け。二つとも初めて食べたお菓子なのに、なぜか懐かしい感じがした。
 そして印象的だったのは、ゲストと楽しく会話しながらも、空いたコップ、お皿を目立たずテキパキと片づける大使の夫の働きぶり。グァテマラのおしどり夫妻宅に食事に招かれたような、「大使館でお茶を」だった。   IAC会員 柴原三貴子
—————————————————————————

開始時間15分前に会場に着いたときには、既に会場内には話し声が飛び交っていて、参加者の楽しそうな雰囲気に包まれていました。

今回のグァテマラ大使館でのお茶会は、大使館でお茶会 参加3回目で、初めて友人を誘っての参加でした。
友人も目をキラキラ輝かせながら、大使館で開かれるお茶会がどんなものなのか期待している様子でした。

参加者全員の簡単な自己紹介を済ませた後、大使からのお話しに移り、司会進行役の金屋さんから紹介された大使が女性である事に、私を含めた殆どの参加者が驚いた様子でした。
経済的に後進国と認識されている国で、女性が外交官として高い地位の職務に就いている事にとても驚き、先進国の基準とは一体何なのか?一瞬わからなくもなりました。
真の先進国とは、経済的発展と、男女対等、教育の普及?と考えると、日本も、まだまだこれから! と、どうしても、自分が住む日本とグァテマラを比較してしまうのでした。

今回のグァテマラ大使館でのお茶会に参加するにあたって、実は、約30カ国を旅した知人にグァテマラの予備知識をもらおうと「ズバリ、グァテマラの魅力は何?」と質問したのですが、意外にも、知人が旅行した当時は旅行先としては近隣諸国に比べ魅力が少なく旅行会社からもオススメされなかったため、旅行先リストから外してしまい、正直分からない!と。
反対に、グァテマラの魅力についてプレゼンして!と言われた経緯もありの、今回のお茶会参加でしたので、ちょっとした使命感を持ち合わせての参加になりました。

まず、内戦があり、国内が落ち着いてから、そう長くない国という事に驚き、国の人口の約半数が20代という事に驚き、日本より国土が狭いにもかかわらず、多民族国家ゆえ行き交う言語が数十言語!
もちろん民族衣装も様々で、日本や韓国のように国の伝統衣装はこれです!と言えない文化の多様性に驚き!

「大使館でお茶を第10回グァテマラ大使館」
「大使館でお茶を第10回グァテマラ大使館」

違う外見をしていても、同じ国の人 という認識は、どうやって生まれるものなのか?
どう教育すると、そのような同調意識が養われるのか、とても興味深く大使の話を聞いておりました。
お茶会の楽しみ 「現地の味を食べる時間」に移り、参加者達のお喋りにも花が咲く時間でもあります。
食材の組合せが、「外国」を感じさせるものでしたが、味付けは、日本人にも合う味付けで、旅行先で食べ物に困る・・・という事はグァテマラでは、ないんじゃないかなと思いました!
美味しかったです。
ラム酒もアルコール度数が高く、喉がカーッと熱くなるのですが、甘いのにすっきりしていて、そして悪酔いしない 仕事前に飲んでも大丈夫な素晴らしいお酒でした(^ ^;

大使が仰っていたように、グァテマラは未知の可能性を秘めたワクワクが沢山詰まった国 という印象を受けたお茶会でした。
お陰様で、知人へのプレゼンも上手くいきそうです。

参加する度、日本に居ながらにして海外旅行を味わっています。

素晴らしい会を提供して頂け、本当に感謝感激です(^^)
有難うございます。 IAC会員キム・インス
—————————————————————————