「大使館でお茶を第13回パキスタン大使館」参加者からの感想


パキスタン大使館のお茶会に参加された会員より感想を頂きましたのでご紹介します。

————————————————————————————–

パキスタンはイスラム国家ということで、日本でいう女性蔑視 . 男尊女卑を含みそうなイメージですが、イスラム諸国初の女性首相誕生や、官僚なども存在し、国政参加も認められ女性が尊重されているとのこと。
結婚に関して、男性は結納金(マルフ)に持家を用意するのが一般的で、女性に生活の保障を与える事を国に義務づけられ、なおかつ女性から離婚申し立てができるほど優遇されているそうです。

日パキスタン関係は、要人往来も多く伝統的な友好関係を有する親日国。
経済協力は、自動車や一般機械など日本の輸出量がパキスタンの10倍くらいで、日本はテロ対策支援も度々実施しています。

今回のお料理はイフタール食(断食破り)で、ブランチの様なメニューの 野菜天ぷら風パコラ . 豆料理チャナチャート . 揚物サモサ に、お好みで辛い緑色のクリームソースを付けテイストを変え気軽に口に運べました。
甘いパスタはシナモン風味で、甘みの無いシナモンチャイとよく合い、インドに近い感じを受けました。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館

お祈りをするサラートホールを会場としたので、ラマダンなどのお祈りを体験できるイベントも開催できると、よりパキスタンを感じられそうです。

日本にもパキスタン人女性外交官が来てくれると、女性同士のコミュニケーションを図れますね。
(IAC会員 福まや)
————————————————————————————–
感想ありがとうございます。
サラートホールでの会は得がたい経験でしたね!パキスタンと言う国が身近に感じられました。
次回も大使館のお茶会を五感で楽しんでくださいね。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館

「大使館でお茶を第13回パキスタン大使館」


2017年2月25日(土)パキスタン大使館にて「大使館でお茶を」を開催しました。
今回会場となったスペースは、普段はイスラム教の1日5回のお祈りの礼拝堂として、パキスタン大使館で働く人たちに使われている場所です。最初に訪問した際にはお祈り用のマットなどもありました。そのような場所なので数十人入っても余裕があり、いつもより大勢の方にご参加頂けました。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国さ芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター

通称パキスタン、正式名はパキスタン・イスラム共和国(Islamic Republic of Pakistan)です。旗の緑はイスラム教を表し、白い部分はそれ以外の少数派を表しているとのこと。少数派の存在を旗という正式なビジュアルで表現するのは素晴らしいと思いました。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
プレゼンター役を務めてくださったグル・カイサル二等書記官(Gul Qaiser Second Secretary)

パキスタンという国の名前は日本でもよく知られ知名度が高いと思います。ただパキスタンについて具体的に何を知っているかとっさに挙げられる方は多くないですよね。
私もその一人、インドに非常に近いイメージを持っていました(地理的な事だけではなくて)。
隣国だから似ているのではと考えがちな私たちですが、そういう思い込みやイメージも直接お話を聞くことで、実際の姿に近づけていくことができます。貴重な体験です。大使館のお国プレゼンではスライドショーを拝見しましたが、今回あらためて驚いたのは、パキスタンにはカラコルム山脈やK2など高い山脈があり、砂漠や湿地帯も有し自然に富んでいる事。そのダイナミックな景観に思わず引き込まれました。素直に行ってみたい!

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国さ芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター

お国紹介の後はパキスタンの軽食やお菓子の試食、そして懇親の時間です。
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国さ芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター

交流やお話ができるよう各テーブルに外交官の方々が座ってくれました。またピンクチャイという稀少なお茶を頂くことができました。
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
パキスタン料理「パコラ(PAKORAY)」野菜のフリッターのような料理。
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
「チャナ・チャート(CHANNA CHAAT)」ひよこ豆のマリネサラダ
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
「サモサ(SAMOSAY)」
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
パキスタンのスイーツ
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
パキスタン料理プレート。緑のソースはピリ辛。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
IAC会員でご主人がパキスタン人の方がパキスタンの衣装を着ていらっしゃいました。とてもおキレイです!(^^)!

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
パキスタン大使ファルク・アーミル閣下(His Excellency Mr. Farukh AMIL )からもご挨拶をいただきました。にこやかでお話上手な素敵な大使です。

会の後半にパキスタン大使に日本の干菓子をお贈りしましたが、大使館からも思いがけずIACスタッフにプレゼントを頂きました。キラキラバングルにカシミアのショールです!

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国さ芸術家センター
パキスタンのキラキラバングル♪

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
ペイズリーのシックなカシミアショール

お気遣いを本当にありがとうございます!大切に使わせて頂きます。

大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国さ芸術家センター
大使館でお茶を第13回パキスタン大使館byIAC国際芸術家センター
最後に全員で記念撮影。
いろんな場面で大使館の方々にはお気遣いをいただき、パキスタン流おもてなしに感動しました。ありがとうございました。

参加者の皆様もありがとうございました!

次回は4月ブルキナファソ大使館でお会いしましょう!

「大使館でお茶を第12回クロアチア大使館」参加者からの感想


クロアチア大使館のお茶会に参加された会員より感想を頂きましたのでご紹介します。

————————————————————————————–
「大使館でお茶をシリーズの第 12回”クロアチア大使館”」

開催日:1月 21日(土)14:00-16:00  
                                               
 今回のホストはクロアチア大使、軽食やお菓子は大使夫人がコーディネートして下さるとのお話だったので大いに期待し楽しみに参加しました。
 
 司会者の開会の辞、金屋理事の歓迎の挨拶の後、クロアチア大使に依るビデオを使いながらのクロアチア紹介が始まりました。
スロベニア、ハンガリー、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、モンテネグロに囲まれた九州の1.5倍の小さな国に400万人余りが住んでいる共和制国家との事。この点からでも周りを多くの国に囲われ過酷な歴史を負った国と推察されますが、現在は自由を謳歌しているとの事です。2013年に厳しい審査を経て EUに加入する事が出来、現在は経済的にも安定している様です。
 
 毎年各地でフェステイバルや音楽祭があり、その時には周りの国々の影響を受けて完成した美味しいクロアチア料理が無料で振舞われるそうです。 
 ユネスコの世界遺産に指定されているドブロブニクは観光産業を盛り立て、クロアチアに大きな収入を齎しています。公衆衛生に厳しいので、町は美しく保たれ、犯罪も少なく安全なので、これからも益々観光産業は栄える事でしょう。

 大使夫人お手製の軽食と御菓子及び大使のオリジナルレシピでご自身で作って下さったホットワインは真心の籠った素晴らしいお味でした。その上独特のクロアチアコーヒーやスナック類を楽しみ、魅力的なクロアチアの文化や歴史を知る事が出来、とても有意義で充実した一時に大満足して帰宅しました。
(IAC会員:小笠原寿子さん)
————————————————————————————–

感想をありがとうございます!またのご参加をお待ちしています。

大使館でお茶を第12回クロアチア大使館(For tea at the embassy,12thCloatia)by国際芸術家センタ(International Artists Center)
大使夫人自ら作ってくださったクロアチアの軽食やお菓子
大使館でお茶を第12回クロアチア大使館(For tea at the embassy,12thCloatia)by国際芸術家センタ(International Artists Center)
大使夫妻と大使館スタッフの方々。ありがとうございました。